在留管理制度が
新しくなります!

2012年7月9日から
新しい在留管理制度がスタート!


日本に住む外国人の記録登録制度である外国人登録制度が2012年7月9日から新しい在留管理制度となってスタートします。
在留管理制度がスタートすることで、これまでの外国人登録制度は廃止されることになります。

外国人の方、または外国人に知り合いがいる方は今一度この制度に関してお読みください。



新しい制度で変わること

外国人登録制度がなくなり
在留管理制度が始まることで
下記の内容が誕生。

大きく変わるのは外国人の在留期間の上限が3年であったことが、新しい制度では最長5年となります。



対象者となるのは?

在留管理制度での対象者は
次の1~6のいずれにも
当てはまらない人になります。

  • 「3月」以下の在留期間が決定された人
  • 「短期滞在」の在留資格が決定された人
  • 「外交」又は「公用」の在留資格が決定された人
  • 1から3の外国人に準じるものとして法務省令で定める人
  • 特別永住者
  • 在留資格を有しない人


在留管理制度に関するリンク

法務局 入国管理局